名義変更

  • 特定承継と一般承継
    • 特定承継:売買、贈与等
    • 一般承継:相続、法人合併、法人分割等
  • 特定承継の場合
    • 譲渡
      • 権利の承継を証明する書面(譲渡証書)
        • 実印を押印してください。
          • 個人の場合 市区町村に登録済みの印鑑
          • 法人の場合 登記所に登録済みの印鑑
      • 印鑑証明書
        • 発行日から3か月以内のもの
      • 代理権を証明する書面(委任状)
  • 出典
    • 産業財産権の出願手続の留意点 令和3年12月 特許庁 方式審査室
      • 譲渡証書には、譲渡人及び承継人の記名と、譲渡人の押印が必要です。
      • 承継人が届け出る場合は・・・
      • 譲渡人が届け出る場合は・・・
      • 提出物件の目録 オンラインにより「出願人名義変更届」を提出し、証明書等を「手続補足書」により提出する場合は、【提出物件の目録】の欄は不要。
      • 権利の承継を証明する書面の文例 「譲渡証書」
      • 権利の承継を証明する書面の文例 「同意書」
      • 権利の承継を証明する書面の文例 「持分放棄書」
      • 権利の承継を証明する書面に押印する印について ※一度、印鑑証明書により本人の印であることが確認された印を使用する場合は、実印に変更がない限り、都度の印鑑証明書の提出は不要
  • 参考情報
    • 特許庁関係手続における押印の見直しについて 特許庁 Webサイト
      • 権利の移転関係手続に関する委任状:令和3年6月12日以降、押印は不要です。
    • 様式第11(第9条関係)出願人名義変更届 https://elaws.e-gov.go.jp/
      • 14 譲渡人だけで届け出るときは、・・・承継人だけで届け出るときは、・・・
      • 16 2以上の商標登録出願により生じた権利の承継の届出を一の書面でするときは、・・・
      • 18 譲渡証書は、なるべく次の文例により作成する。・・・譲渡証書の文例ほか
    • 方式審査便覧 45.23 数次の譲渡がなされた場合において、最終の承継人又は譲渡人が提出した出願人名義変更届の取扱い
    • 出願人名義変更届 https://www.pcinfo.jpo.go.jp/
      • 説明1 記録項目の概要  出願人名義変更届に記録すべき主な項目の概要は、次のとおりです。  なお、承継人又は承継人代理人が届け出るときは【譲渡人】及び【譲渡人代理人】の欄を設ける必要はありません。
      • 説明2 記録項目及び記録内容の注意点 オンライン手続における書類作成上の注意点は、『電子出願の規約』の「HTMLの規定」、「文字の制限」及び「イメージファイルの規定」を参照してください。
    • 一度、印鑑証明書により確認された印を使用する場合は、実印に変更がない限り、都度の印鑑証明書の提出は不要です。https://faq.inpit.go.jp/
    • 【提出物件の目録】https://www.pcinfo.jpo.go.jp
      • 委任状そのものを提出するときはオンライン手続では提出できませんので、【提出物件の目録】の欄を設ける必要はありません。 委任状は、書類を提出した日から3日以内に、証明書等の物件の提出に係る「手続補足書」に添付して提出しなければなりません。
    • 手続補足書 様式見本・記載要領 https://www.inpit.go.jp/blob/pcinfo/p-format03sample.pdf

      【書類名】 手続補足書
         :
      【補足対象書類名】 出願人名義変更届
      【補足の内容】 権利の承継を証明する書面を補足します。
      【提出物件の目録】
          【物件名】 権利の承継を証明する書面 1

      • 6.【補足の内容】について
        特例法施行規則第 19 条第 1 項各号に掲げる物件を提出するときは、「○○○○を補足 します。」のように証明書等の物件を補足する旨を記載する。
      • 7.【提出物件の目録】について
        物件名には補足する証明書等の物件名を記載する。2 以上の物件を補足する時は次のように記載する。
        <記載例>
        【提出物件の目録】
        【物件名】 ○○○○を証明する書面 1
        【物件名】 ●●●●を証明する書面 1
タイトルとURLをコピーしました