商標更新

商標権の存続期間の更新登録の申請

(1)商標権の存続期間

商標権の存続期間は登録日から10年です。

(2)商標権の存続期間の更新

商標権の存続期間は更新可能です。
更新の手続を繰り返す限りいつまでも商標権を存続させつづけることが可能です。
更新登録の申請は、存続期間の満了日の6ヶ月前から満了日までにする必要があります。


(3)存続期間の更新に必要な費用

更新に必要な費用は以下のとおりです。
弁理士報酬は事務所毎に異なりますので、各事務所へ直接お問い合わせください。

(3-1)10年分の特許印紙代を一括納付する場合

一つの商標登録に含まれる区分の数がN個の場合、特許印紙代は(38,800 x N)円となります。

商品・役務の
「区分」の数
特許印紙代(円)
138,800
277,600
3116,400
  • 商標登録の数がN個の場合、弁理士報酬は(10,000 x N)円となります。
商標「登録」の数特許印紙代(円)
138,800
277,600
3116,400

(3-2)10年分の特許印紙代を前半5年分と後半5年分の2回に分割して納付する場合

  • 特許印紙代を5年分と5年分の2回に分割して納付することも可能です。
商品・役務の
「区分」の数
特許印紙代(円)
122,600
245,200
367,800
  • 分割納付を選択した場合、5年後に再び上記と同額の費用が発生します。(ご注意下さい!!)
  • 分割納付における前期分の更新登録料が旧料金(施行日前など)であった場合、分割納付における後期分の更新登録料は、施行日(2016/04/01)以降の納付であっても旧料金(区分数×28,300円)が適用されます。(ご注意下さい!!)
商標「登録」の数特許印紙代(円)
122,600
245,200
367,800
  • 分割納付を選択した場合、5年後に再び上記と同額の費用が発生します。(ご注意下さい!!)
  • 分割納付における前期分の更新登録料が旧料金(施行日前など)であった場合、分割納付における後期分の更新登録料は、施行日(2016/04/01)以降の納付であっても旧料金(区分数×28,300円)が適用されます。(ご注意下さい!!)

 

(3)更新処理の流れ

  • 更新処理の流れは以下のとおりです。
  • ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
手順(ステップ)
お客様がすること当事務所がすること
1:見積もりのお申込みこちらをクリックして、見積り依頼をお送りください。
2:見積書の送付お送りいただいた情報に基づいて見積書をEメール又はFAXにてお送りさせていただきます。
3:正式なお申込み見積書をご確認いただき、ご依頼いただく場合はその旨をご連絡下さい。
ご依頼のご連絡をいただかない場合は、当然ですが、費用は発生いたしません。
4:請求書の送付 ご依頼のご連絡をいただきましたら、請求書をEメール又はFAXにてお送りさせていただきます。
請求書を郵送させていただくことも可能です。
5: お振込み
特許印紙代及び弁理士報酬をお振込み下さい。
6:特許庁へ手続き特許印紙代及び弁理士報酬のお振込みを確認させていただいてから、オンラインで特許庁へ手続きをさせていただきます。
7:手続き完了の報告特許庁へ手続きを完了するとすぐに、手続が完了したことを示す書面をオンラインで受け取りますので、その書面をPDF化し、Eメールに添付してお送りさせていただきます。
8:更新通知の送付特許庁へ手続きをしてから2-4週間後に「商標権存続期間が更新されたことを示す通知」が弊所に送られてきます。通知を受け取りましたらPDF化し、メールに添付してお送りさせていただきます。

 

タイトルとURLをコピーしました