知的財産高等裁判所の統計データ

特許

[特許権の侵害に関する訴訟における統計(東京地裁・大阪地裁、平成26年~令和3年)]

知的財産高等裁判所Webサイトに「特許権の侵害に関する訴訟における統計(東京地裁・大阪地裁、平成26年~令和3年)」が公開されています。https://www.ip.courts.go.jp/documents/statistics/index.html

平成26年から令和3年の合計値は「666件」です。平均値は年間「約83件」です。

仮に訴訟の原告側、被告側に各1名の弁理士が関与したとすると、年間平均「約166人」の弁理士が訴訟に関与したことになります。

弁理士の人数は、2022年04月30日現在「11634人」です(日本弁理士会 会員分布状況  https://www.jpaa.or.jp/about-us/members/ より)

仮に全弁理士が訴訟に関与する機会が均等にあるとすると、各弁理士が原告側又は被告側のいずれかに関与する機会は約70年(=11634÷166)に1回程度ということになります!?

上記「特許権の侵害に関する訴訟における統計(東京地裁・大阪地裁、平成26年~令和3年)」によれば「無効の抗弁の有無・無効の抗弁に対する判断」は以下のとおりです。

平成26年~令和3年(件)

無効の抗弁なし 170
無効の抗弁あり・判断なし 259
無効の抗弁あり・特許有効判断 133
無効の抗弁あり・特許無効判断 124

特許の有効・無効が判断されたケースにおいて「特許有効と判断された割合(約52%=133/257)」が「特許無効と判断された割合(約48%=124/257)」よりも少し多いです。

タイトルとURLをコピーしました